SEOスパムフィルターに関する考察(1)

サイトのドメイン全体を考慮したSEOスパムフィルターの強度設計をこの1年で大きく変えたのではないか?
と考えています。

いままでならば、SEOのターゲットとなるページを重視したSEOスパムフィルターであったと思う。

しかし、この1年でサイト全体のバランスや自然さなどを考慮しているように思います。

これは、大きなポータルサイトには非常に有利で勝手にSEOスパムフィルターにひっかかることがすくなります。

大手ショッピングサイトなどはいろいろな商品を扱っているので、いろいろなワードで外部リンク、内部リンクが発生します。

また、wikiやe-wordなどもそうである。そうするとサイト全体ではかなり多様な被リンクがあると考えられます。

それを評価基準においてある程度重視するならば、そのようなサイトは評価され順位が上がる可能性があります。

そういう意味では大手サイトを優遇ということになるのかもしれません。

アルゴリズムの設計者側から言うと、多くの人はきっと大手サイトのほうが信憑性が高く、その情報を見たいだろうということなのでしょう。

そう考えると小さな零細企業が頑張るのには限界があるのかもしれません。

ここでは、SEOスパムフィルターフィルターにかからないようにするには「オリジナリティーのある」「コンテンツを増やして」
などを議論するするつもりではなく、SEOスパムフィルターそのものの設計が変わったのでないか?と思っているのです。

日付:2013年11月27日   カテゴリ:googleについて, SEOについて考察

9日に続いて・・・

今日も朝から大きく動いています。

被リンクがかなり少ないものなども上位に顔を見せています。

いろいろ見ているとどうして??というサイトが上位にいます。

これでいいのか??と思ってしまうものもあります。

今日一日は動くと思うので、若干は通常のものになるでしょう。

賃貸系のキーワードではポータルサイト、弁護士系では弁護士会が強いですね。

やはり、大きくて信頼のあるものを上位に表示させようとしているのでしょう。

SEOとしてはこんなに順位が変わると何が正かがわからないというのが現状でしょう。

日付:2013年11月21日   カテゴリ:SEOについて考察, ニュース

11月9日にgoogleアルゴリズム変更?

9日の朝8:30過ぎから順位が大きく動きました。

理由は今のところ被リンクのバランスだと考えております。

順位を上げたものが多く、少しほっとしております。

ただ、この変更に日々のチューニングが間に合わなかったものもあり、残念です。

その後は大きな変動はありません。

 

日付:2013年11月19日   カテゴリ:googleについて, ニュース

トップページのみインデックスされない。

こんなことは時々あります。

といってもそれほどはありませんが・・・・
そんな時には、aaaaaaa.comなら
site:aaaaaaa.com
でインデックスが本当にないのか?を確認します。
それでない場合は、以下の場合が考えられます。

1)データ反映の失敗。
2)SEOに関するスパム判定などの問題。

1)の場合はgoogleウエブマスターツールを導入し、
Fetch as Google
からテストするか、またはサイトマップを再送信するといいでしょう。

2)の場合は過剰なSEOと考えられそうな個所を修正し、様子を見るしかありません。
過剰なSEOというのは、内部、外部ともにです。

落ち着いて作業をこなすことが非常に大切ですので、あせらずに行ってください。
1週間程度で回復することもあります。

日付:2013年11月17日   カテゴリ:SEOの基礎知識
7 / 7« 先頭...34567