スピードアップデート

スピードアップデート(Speed Update)というアルゴリズムをgoogleが1/18日発表しました。
詳細はここ

 

具体的には

今までは表示スピードをデスクトップ検索を対象としてランキング要素として利用していましたが、モバイル検索に対して読み込み速度をランキング要素として使用するということです。そのうち変わるというのではなく、2018年7月より行うというのです。

あくまでもこれはアルゴリズムの指標としてモバイルの読み込み速度を追加したというものですので、魅力的なコンテンツはいままでと同じように上位表示されることになります。また、「ユーザーに本当に遅い体験を提供しているようなページについてのみ影響し、ごくわずかな割合のクエリ(*1)にしか影響しません。」とgoogleは言っているので普通のつくりであれば問題ないということなのでしょう。

Chrome のユーザー エクスペリエンス レポートLighthousePageSpeed Insightsでチェックしてね。ということらしいです。最後のPageSpeed Insightsを利用してみましたが面白いです。

どうしたらいいのか?を解説してくれます。ただ、どう直したらいいのかは勉強するしかないです。

この指標追加で携帯での順位とPCとの順位がことなるということになるのでしょう?seoとしてはサイトの作りからの見直し、速度対策のコーディングが必要になるかもしれません。

ホームページ制作だけをしているホームページ制作会社はこのあたりを理解しているのだろうか?

 

googleの検索に影響を与える指標

指標は数百と存在するようですが、その中で重要と言われているもの上げます。これらの要素を抑えることがseoにとって非常に大切です。

 

  • 1.被リンクの数
  • 2.被リンクの質 被リンク元のコンテンツ量
  • 3.被リンクの質 被リンク元のドメイン年齢
  • 4.被リンクの質 被リンク元のコンテンツの整合性
  • 5.被リンクの質 被リンク元のドメインのオーソリティー
  • 6.被リンクの質 被リンク元の反応速度
  • 7.被リンクの質 被リンク元の発リンクの数
  • 8.被リンクの質 被リンク元の被リンク数
  • 9.被リンクの質 被リンク元のIP分散度
  • 10.該当ページのコンテンツ量
  • 11.該当ページのコンテンツの質
  • 12.該当ページのコンテンツのユーザビリティー
  • 13.ドメイン年齢
  • 14.該当ページの表示速度
  • 15.該当ページのアクセス状況(待機時間やアクセス数)

 

*1

クエリとはデータの一連のやり取り(問い合わせ+返答)を言います。ここでは検索と検索結果のペアを指すと考えられます。

日付:2018年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード, ニュース

pagerank

ページランク(Pagerank)とは、Googleの検索エンジンが作成したWebページの重要度をはかる指標。被リンク数とその質によって決定されます。0から10の11段階があり、数字が高いほどページの検索エンジンからの評価が高いことを意味します。

 

google.comのサイトなどが10となっていました。それ以外では海外の大学などが10となっております。

現在ではこのページランクは見ることができません。以前はIEやcromeのブラウザでページランクを確認することができました。

以前のseoでは被リンクの質を示す上で、ページランクを利用していました。

 

このページとはウエブのページと、googleの創業者ラリーペイジからとったと言われています。ちなみにGoogleの創設者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって1998年に発明されました。

 

PageRankはGoogleの商標であり、またPageRankの処理は特許が取得されているため、同じような仕組みとデザインのツールバーは作成できません。

 

日付:2015年02月23日   カテゴリ:SEO関連キーワード

ssl

SSL(Secure Sockets Layer)は、インターネット上でデータを暗号化して送受信する仕組み(プロトコル)です。個人情報やクレジットカード情報などの重要なデータを暗号化して、サーバとPC間の通信を安全にします。

SSLでは「共通鍵暗号方式」と「公開鍵暗号方式」の両方を用いて、インターネット上のデータ通信を暗号化することで第三者から盗聴を防ぎます。

  

  

ssl導入のサーバーの見分け方

sslが導入されているサーバにおいてはURLにおいてhttpではなく、httpsとなっております。

以前は個人情報入力ページやデータ入力画面だけにsslを利用していました。(httpsを利用。)最近ではドメイン全体に対してsslを利用しております。そのため、以前よりはセキュリティー面でははるかに改善しております。

  

  

ショッピングサイトではsslが必須?

利用者がショッピングサイトや有料サービスを利用する際に重要視するポイントとして『SSLが導入されているか?』を挙げています。
クレジットカード情報、個人情報等の暗号化による情報漏えいの防止は最重要課題となっております。

seoなどのアクセスアップをいくらしても、sslなどのセキュリティー対策が十分でないと利用者は増えません。

SSLを導入するには

まずはレンタルサーバー会社が提供しているSSLサービスをチェックします。価格によってさまざまなSSLサービスがあります。一般的には価格が高いものほどセキュリティー(信頼度)が高いといえます。

価格はレンタルサーバー料金に含まれるものから年間数十万円するものまであります。

日付:2015年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード

IPアドレス分散サーバー

IPアドレス分散サーバーは被リンクの評価がIPアドレスが異なるかどうかで変わることに注目し、作られたサービスです。複数のレンタルサーバーで個別に契約をする面倒を減らすために1社でIPアドレスを変えることができるようにしたサービスです。

最近では以前ほどIPアドレス分散サーバーという言葉を聞かなくなりました。

これはseoにおいてIPアドレス分散におけるメリットよりもキーワードに関連するコンテンツの評価が上がってきたためと考えられます。

  

  

主なIPアドレス分散サービスを行っている会社

  • 1.クイッカ(株式会社エムフロ)
  • 2.123サーバー
  • 3.ネットラピュタ株式会社

  

  

もし、IPアドレス分散サーバーに興味がおありでしたらお試しください。最近のレンタルサーバーは昔のように遅くはなく、またいろいろな制限がなくなっており、通常の共有のレンタルサーバーとかわらなくなっております。

日付:2015年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード

IPアドレス

IPアドレスとはインターネット空間での住所のようなもので、IPv4のIPアドレス(IPv4アドレス)の場合、201.111.135.123 などのよう3ケタの数字が4つ連なる形で表現されます。

この数字を用いて、ネットワークでデータをやり取りします。これはネットワークでいうところの住所や電話番号といったものになります。このIPアドレスには「グローバルIPアドレス」と「プライベートIPアドレス」の2種類があります。

  

  

プライベートIPアドレス

プライベートネットワーク(外部から利用できない社内LANなど)のアドレスとして使います。ネットワークプリンターや社内サーバーを利用時に用います。

  

  

グローバルIPアドレス

プライベートIPアドレス、リンクローカルアドレス、特殊用途のIPアドレスなどを除いたIPアドレスのことをいいます。インターネットの接続用に利用されるため、ICANNによって、世界的に管理が行われています。各パソコンやルーターやサーバーに個別にIPアドレスが割り当てられています。

  

  

seoで必要なIPアドレスの分散

seoでは複数のサイトを運営し、相互リンクを行う場合同じIPアドレスの場合とそうでない場合ではIPアドレスが異なる方が評価が上がるとされています。

日付:2015年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード

リスティング広告

リスティング広告といわれるものにはgoogleの運営するアドワーズ広告(Adwords広告)とYahooの運営するYahooリスティングがあります。これらは運営するサイトでのキーワード検索に対して検索結果の上部、下部、サイドに広告を表示します。

リスティング広告は「検索エンジン連動型広告」と「検索結果の画面以外にも出せるディスプレイ広告」という別の種類の広告2つをまとめて呼ぶ言葉です。

  

  

検索エンジン連動型広告

検索結果のサイド、上部、下部に出ている広告のことを指します。検索しないと表示されない広告なので検索をしていない方には表示されない広告です。

  

  

検索結果の画面以外にも出せるディスプレイ広告

これは提携しているサイトに一度アクセスした情報や検索キーワード情報などを参考に表示される広告です。

そのため、この広告もまったく興味のない方には表示されない広告と言えます。

  

  

これらの広告はseoをやるやらないにかかわらず、ネットでビジネスを行おうとする方には必要だと考えます。

月額、日毎の予算管理などもできるためクリックをする方の属性、コンバージョンレートの傾向を加味した広告管理もできます。

日付:2015年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード

内部リンク

seoでいう内部リンクとはサイトのコンテンツを結ぶリンクのことを指します。

  

グローバルメニューやフッターメニューやサイトのサイトマップなどは内部リンクに含まれます。

内部リンクをseoで重要な理由はコンテンツの内容をリンクで結び、利用者のユーザビリティーのためには必須であると考えているからです。

  

  

seoを考えた内部リンクの例

  • 1.パンくず
  • 2.関連記事
  • 3.最近の記事
  • 4.より詳しく

などがこれに当たります。これはseoというよりも利用者の使い勝手向上のためには必須となります。

内部リンクを増やす一番簡単な方法はコンテンツページを増やし、それらに誘導するようなリンクを張ることです。

日付:2015年02月17日   カテゴリ:SEO関連キーワード

コンテンツseo

コンテンツseoとは、ターゲットユーザーが困っていること、悩んでること(キーワード)や興味のある分野の情報(人気のキーワード)などをコンテンツとして発信し、より多くのユーザーに閲覧してもらうことで、アクセス増加につなげ、それが被リンクにつながるという関係性重視のseoのことです。

まずは被リンクが得られるかどうかということよりもアクセスを増やすようなコンテンツの配信をし、ユーザーとの関係を構築します。その関係が発展し、いずれは被リンクにつながるかもしれないということです。可能性は低いが被リンクが得られる、それも自然な形で得られるということが非常に重要なのです。

seoには被リンクから得られるポイントとコンテンツ量、質から得られるポイントがあるが、不確実な被リンクのポイントを重要視せずに、コンテンツ量、質によるポイントを重要視する手法なのです。

2016年以降はこの手法が効果をあげており、非常に多くの方が利用されています。ただ、この方法のネックはコンテンツを配信し続けることが非常にコスト、時間的に大変であるため完全な形で行うのは難しいという点です。

実際にビッグキーワードで上位に表示させるためにはこの手法の場合、この手法以外で被リンクがすでにあることが成否を分けるかもしれません。そうでない場合は「可能性は低い」が被リンクが得られるというものに該当するか?または運営者が他のサイトを運営しているか?ということになるかもしれません。

日付:2015年02月15日   カテゴリ:SEO関連キーワード

ベニスアップデート

ベニスアップデート(ヴェニスアップデート/Venice Update)とは、ユーザーの位置情報を検索結果に反映するGoogleのアルゴリズムです。

地域性が重要で意味を持つキーワードについて、地域を明示して検索しなくても、現在地(アクセスポイント)に応じて検索結果が調整されるという仕組みです。

「美容院 大阪駅(地域)」と検索しなくても「美容院」と検索した場合においてもユーザーの位置情報からより価値のあるサイトを上位に表示させる仕組みです。

美容院の所在地などを利用してサイトを評価しております。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

アウルアップデート

「アウルアップデート(Owl Update)」とは2017年4月26日にフェイクニュース(偽ニュース)対策に特化したGoogleアルゴリズムアップデートです。

これにより、明らかなフェイクニュースの順位が下がることでgoogleユーザーの利便性があがりました。

ただ、明らかに間違ったもの以外はこのアルゴリズムの影響は受けていないようです。逆に言えばまともなサイトは影響を受けていないと言えます。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

seo

seoとはSearch Engine Optimization の略で日本語では検索エンジン最適化と訳されております。

検索エンジンの日々変わるアルゴリズムに対応してサイトの順位を最も上位に表示させるためにする施策です。日本においては検索エンジンと言えばgoogleですのでgoogleに対しての対策になります。

具体的な施策

内部対策と外部対策という2つの対策があると言われていますが、最近はほとんが内部対策となります。内部対策というのは上位に表示させたいサイトに対する施策を指します。

内部対策の具体的な施策

  • 1.storngやh1など利用してキーワードを強調する
  • 2.サイトのユーザビリティーの向上を図る
  • 3.キーワードに対するコンテンツの作成
  • 4.サイトの作りの修正

外部対策の具体的な施策

外部対策はオーソリティーの高いサイトの被リンクを得るための施策です。これは一朝一夕ではできません。商品、サービスの話題性、会社の信頼度が大きく影響します。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

アルゴリズム

seoで言われる「アルゴリズム」という言葉はgoogleの検索順位を決定するためのルールのことを指します。

2016年以降は完全にアルゴリズムはAI(ランクブレイン)によってコントロールされております。より最適な順位を求めて日々更新されております。

seoの成否はこのアルゴリズムの分析なくしてはありえず、googleはこれを公開していないため、多くのseo会社が日々分析を行っております。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

パンダアップデート

パンダ・アップデート(Panda Update)とは2011年に導入され、2012年7月に日本にも導入されました。

主に「低品質なコンテンツが検索結果上位に表示されにくくするため」のGoogleの検索アルゴリズム・アップデートのことです。

2013年3月以降、パンダ・アップデートは手動更新から自動更新へ移行しました。

2016年以降のアルゴリズムのAI化と符合する形で進化しています。同時にseoはコンテンツだという風に言われるようになったのもパンダアップデートの影響です。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

ペンギンアップデート

seoでよく言われるペンギン・アップデート(Penguin Update)とは、Googleが検索者の入力した検索クエリに対して、Webページの順位を決定ために用いられているアルゴリズムのアップデートの1つです。

ペンギン・アップデートはスパム行為や、ウェブマスター向けガイドラインに著しく違反しているWebページに対して検索結果の順位を下げるアルゴリズムのアップデートを指します。

2016年からはgoogleのアルゴリズムにおけるAIの依存度が増えており、ペンギンアップデートは減っています。

経緯は次の通りです。

  • 1.ペンギンアップデート1.0 – ペンギンアルゴリズム導入 (2012年4月)
  • 2.ペンギンアップデート1.1 – データの更新 (2012年5月)
  • 3.ペンギンアップデート1.2 – データの更新 (2012年10月)
  • 4.ペンギンアップデート2.0 – アルゴリズム更新 (2013年5月)
  • 5.ペンギンアップデート2.1 – アルゴリズム更新 (2013年10月)
  • 6.ペンギンアップデート3.0 – アルゴリズム更新 (2014年10月)
  • 7.ペンギンアップデート4.0 – アルゴリズム更新 (2016年9月)

どうしたらペンギンアップデートで順位がさがるのか?

以下のようなものに参加すると順位が下がります。

  • 1.他のサイトのコンテンツをかき集めて、加工した質が低いコンテンツからなるサイト
  • 2.googleを利用する検索者にとって意味のない(seoのための)リンク集
  • 3.SEOだけを目的としたリンクネットワーク
日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

google

googleは世界中でもっとも利用されている検索エンジンです。

インターネット関連のサービスと製品を提供しております。主な事業は検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業。

スタンフォード大学の博士課程に在籍していたラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンによって1998年9月4日に創業。2004年8月19日に株式公開。現在はAlphabetが持ち株会社として親会社があります。

alpabet(google)、amazon、Facebookがアメリカの3大IT新興企業と言われています。

 

seoとの関係

2000年~2005年ぐらいまではseo業者とタイアップするような形で成長しておりました。言い換えたを変えるとseo業者がアフィリエイターとなり、サイトを運営し、adsenseでの広告を行っておりました。seo業者が反映するとadsenseの広告枠のあるサイトが増えるという感じです。そうなるとgoogleにとってもメリットがあったのです。

しかし、2006年~はある程度seoを取り締まるようになり、2010年以降はかなり厳しくなりました。seoをできないならアドワーズ広告やYahooリスティングの広告を出すしかないという形にもっていくというのが意図でしょう。また、seo業者が検索順位を過剰にゆがめたというのもあります。

日付:2015年02月14日   カテゴリ:SEO関連キーワード

外部リンク

外部リンクとは運営しているサイト以外からのコンテンツからの被リンクを言います。内部リンクの数>外部リンクの数となるのがほとんどです。

googleの検索エンジンの基礎となったページランク理論は外部リンクからの質、本数でサイトの評価を決定し、それに基づきホームページのページの順位を決定するというものでした。

ページランクというものは今はまったく利用されなくなりましたが、2015年以前はページランクを利用し、サイトやWEBページの評価をしていました。

外部リンクはそのページからの発リンクが少ないページからのリンクが良く、多くの発リンクがある場合は評価が下がるとされています。

上にも述べているように外部リンクというのは内部リンク、内部コンテンツと順位を決定する上で非常に重要な指標で、seoにとって非常に大事な要素となっております。ただ、最近の傾向では評価の低い外部サイトからのリンクは全く評価されない傾向にあり、そのようなリンクが多くなるとマイナス評価になることもあります。

 

評価の低い外部リンクは自動ペナルティーや手動ペナルティーの原因になるので注意が必要です。ただし、リンクにnofollowの属性を指定するとseo的には問題なく、googleのロボットもデータを取得せずに、被リンクの評価から除外されます。

  

外部リンクを取得するには

一般的には良いコンテンツを作成し、配信し続けると勝手に外部リンクは少しずつ増えてくるとされています。ただ、このようにして増えたリンクがseo的にいいリンクがどうかは別の話になります。多くはあまり評価されないかもしれません。

すばらしい商品を開発した、賞を受賞した、××協会に加盟しているなどの理由で張られる外部リンクの方が優良なリンクの可能性は高いでしょう。そうなると会社としていろいろな活動をする必要もありますし、会社の評価を上げる必要があります。

日付:2014年02月21日   カテゴリ:SEO関連キーワード

TOP ビッグワードのseo google seoのまとめ googleについて seoについての考察 seoの基礎知識 seo関連キーワード seoサービス